COVID-19

黙食支持者の叫び

行楽地や公園に人手が戻り、みんなはマスクを除き元の生活を取り戻しているが、コロナ真理教の信者たちの信仰はますます先鋭化している。先日、ある行政首長の方がTwitterで炎上。大人げないというコメントについては、わたしはそうは思わないし、首長だから…

マスク信者の類型

公園のようなところで素顔でベンチに座っていた。 女の人が近くに座ろうとしたが、わたしの顔を見るなり鬼の形相でにらんできて、マスクの上から口を抑えて遠くのベンチに移動していった。わたしは何か悪いことをしたのだろうか。他人の素顔を見ると悪魔にし…

戻れない病院

発熱外来でマスクしなさいは、まだわからなくもないんですよ。 ウイルスとは関係なく、症状がある人が、くしゃみを撒き散らすのは良くないと思います。でも、眼科や皮膚科は関係なくないですか。 とても前向きに解釈するならば、医師や看護師は自分たちの代…

今の尾身さん、意外と常識人

2022年11月10日各社報道。 尾身会長が官邸に入ると報道陣が待ち構えていて、尾身さんだけがコメントするという宗教儀式が定番となっている。 例えばFNN。 「第8波」の流行に入りつつあるとの認識を示した上で、冬を迎えることから「換気がこれから重要になっ…

マスクの状況の記録

後世の人たちに笑ってもらうために2022年11月の状況を記録。マスク要請の貼り紙と絶え間ないアナウンスは町中どこに行ってもあまり変わらないが、係員などの対応はどうか。ちなみに、接客業でマスクをしていないのは一部の個人飲食店に限られる。割合として…

マスク強要と健康保険証廃止とは違う

マスク強要については、科学的根拠も世界の常識ともかけ離れたものを、誰かが推奨しているからつけて当然という同調圧力が社会をゆがめているものであり、わたしは自由の観点から反対である。 一方、マイナンバーカードについては、一部において問題はある。…

伝染防止効果はない

きょうは10月23日。日曜の昼下がり、ショッピングモールの催事スペースに自治体が開設したワクチン接種センターの前を通りましたが、がらがらでしたよ。 あのような税金垂れ流し会場はパーティションが築かれて中が見えないようになっていますが、わざわざ見…

航空会社のクレジットカードを退会

近年は航空会社のクレジットカードでマイレージを貯めていた。 だから、もらった航空券、お金がない時のLCCを除けばほとんど1社に統一していた。 マイレージの会員は続けるけれど、陸マイル(おかまいる)や各種特典が利用できるクレジットカードはやめるこ…

ウィズコロナ

元に戻さないの? 個人批判が目的ではないので、ここではネットで見かけた「有識者」としておきますが、その方が ウィズコロナは元に戻すことではない と書いていました。驚きました。コロナ禍前も「ウィズもろもろウイルス」で、そこに旧型コロナも入ってい…

そろりそろりと

航空会社の場合 マスク信仰の総本山の一つ、航空会社の対応が徐々に軟化している。 ある航空会社を例にとると、 1.飲み物を配るときの客室乗務員は、フェースシールド、ビニール手袋の重装備をするのを若干緩和したようだ。緊急事態宣言ではないからか? …

ウイルスの次にやってくるもの

赤十字社の動画がすばらしい。 しかも公開は2年前からだという。 【日本赤十字社】「ウイルスの次にやってくるもの」 - YouTube ただし、パソコンやスマホを閉じてという箇所は、テレビや週刊誌を閉じてに変更した方がいい。

旅館業法改正案は狂っている(※リークされた報道内容が正しいならば)

これを書いているのは2022年9月21日の夕方だが、Twitterのトレンドは「マスク着用」と「ノーマスク」が3万件を突破していて仲良く並んでいる。 旅館業法改正案について、さまざまな意見が出ていて参考になる。 宿泊拒否はけしからん。 ばかがホテルで騒ぐか…

読んで楽しくない旅行記

夏休みに会津に行った。楽しかった話はプライベートなのでさておいて、気になったことをまとめる。 乗るまでに一苦労 行きは半蔵門線の渋谷から浅草へ行こうとしたが、乗り換えが面倒だったのでそのまま半蔵門線で終点の押上へ。実際は東武線始発駅の浅草ま…

強要の定義が折り合わない

刑法233条第1項 第223条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、 人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、3年以下の懲役に処する。 SNSを見ていると、マスク警察、マスクチンピラ…

見られたくない

国が外すことを勧めても、都会では99%以上がマスクをしている。接客を伴う仕事や、仕事中に同僚と同行する人はさらに多くの人がマスクをしている。 ただ、ある街で夜に出歩く人を見ていたら半分くらいに下がっているようにも見える。 わたしが8時の法則と名…

ホリエモンさんがワクチン非接種者と縁切りした件

反同調圧力の堀江貴文さんが、ビジネスパートナーがワクチンを打っていなかったということでお怒りなのだそうだ。 同伴者のマスクで飲食店から攻撃されたのと同じことをしているのがなかなか趣深いが、まずは事実関係を整理しておきたい。 ワクチンを打たず…

マスク つづき

マスクのウィルス遮蔽効果に疑問を呈すると、ウィルスは飛沫と一緒に呼吸器から出るからマスクにブロックされることを期待しているのだという。 じゃあ、マスクは湿気を通さないのかと疑問を呈すると、通すのだという。 だから、通るんでしょ? いや、くしゃ…

マスク

コロナ禍を機に、不織布マスクはウィルスを通さないものということになっている。 ある有名大が、世界一のスーパーコンピューターでシミュレーションを行い「本物のウィルスでテストしたらやっぱりマスクには効果がありました!」という発表をして、本当かと…

何もできないってば

国会の野党の人の話を聞いていると、岸田政権はコロナ対策を何もしない、後手に回っているとおっしゃいます。 風邪のような変異が多く感染力が高いウイルスを、行動抑制したりワクチンを用いたりして制御しようという発想自体がぶっ飛んでいるのである。 何…

先頭座席封鎖の謎

路線バスの先頭2座席をひもで封鎖する儀式が未だに継続されている。 客同士の接触密度を高める蔓延拡大措置をバス協会をあげて推進している理由を説明してほしい。

コロナが飲食で感染することにされている件

かつて喫茶店がたばこを吸える場所だったのと同じような扱いで、飲食店がマスクを外せる場所になっている。 黙食だの会食マスクだの注意書きが並べられているけれど、マスク装着を催促されることはほとんどない。 そもそも、会食や宴席がいけなかったのでし…

換気

最近は電車に乗らないから知らなかったが、電車の空調が止まり始めているという。緊急事態宣言解除後、東京では気温が下がり、すいていれば冷房も暖房もいらない状態。 換気していますからマスクいりませんとはなぜかならない。念のためマスクしているから換…

ワクチンパスポート

ワクチンパスポートは、海外に行くときにはあったほうがいいよね。 外国語で交渉するのは難しいし、想定していない法令が適用される場合もある。そんなとき、祖国の保証がついていると安心できる。まさにパスポートだ。 あるいは、閉鎖空間に暮らす人。医療…

オリンピック・ロスが怖い

もうすぐ7月が終わるが、やがてはオリンピックも終わる。 オリンピックで人々は感動を味わっているが、これが終わったらどうなってしまうのだろう。 永遠の非常事態を続けるつもりだろうか。 そうであれば、もう自粛派を止める手立てはないので、街が滅びて…

「東京都の感染状況「最大の危機 1日の感染者3000人超の可能性」って、何言っているの?

2021年7月20日NHKオンラインほか。 自称専門家たちが騒いでいる「3,000人超」というのは、もし全員が発症してもインフルエンザのピーク時に比べれば1桁小さい。今回は陽性者数をカウントしてるから発症者の数はさらに少ない。医療崩壊は回避できている。10数…

全競技中継してほしかった

オリンピックを見て、終わったなと思った。 中止とか感染爆発とかの話ではない。 地元東京で開催されるのだから、全33競技を生中継してくれるのかと思った。無観客にするくらいだから、せめて「時差がなくても、連休中は昼も夜もぶっ続けで家でテレビを見ろ…

木を見て森を見られない自粛派

新型コロナウイルス関連政策において、非常事態宣言が効かないという空気が生まれつつある中、2021年7月16日に尾身会長が記者会見を開催。 人流抑制が効果的であるということを必死になって主張している。 オリンピック連休においてできるだけ人を引きこもり…

日本医師会会長、政治資金パーティーに出席

コロナカルト宗教は解散していただきたい。 日本医師会の会長が記者会見をして外出自粛を訴えておきながら、自らは政治資金パーティーに出席。 パーティーとほ言っても、仕事だというのはわかっているし、遊んでいるとは言わない。 ただ、他人に向かって仕事…

インフルエンザはどこにいるのか

日本の都会ではCOVID-19が流行していてかわりにインフルエンザが少ないと言われています。 地方はどうなのでしょうか。COVID-19も増えていますが例年のインフルエンザほどではありません。しかしインフルエンザも流行していません。 インフルエンザウイルス…

飲食がんばれ

きょう、昼間に、飲食店で個食したのだが、肉がやけに濃い味付けだった。 こんな店、もう来ない!と思ったが、よくよく考えてみると夜の客が来なくて在庫がためて古くなったのかもしれない。 すると、少しがんばれという気持ちにもなったが、あの濃さでは誰…