JR東海エクスプレス予約、九州新幹線へ

JR東海の勝ち

 2022年6月25日から、東海道新幹線エクスプレス予約九州新幹線で利用できるようになる。
 東京から北海道はJR東日本が制したが、東京から鹿児島はJR東海・西日本連合が制することとなった。
 UX(利用者体験)で比べれば、圧倒的にえきねっとよりもエクスプレス予約である。
 のぞみ号なら「いつでもどこでも何度でも予約と予約変更ができるでしょ」という絶大な安心感がある。また、画面もわかりやすい。
 えきねっとってどうだったっけ、と思い立ち、今、アプリを起動したが、長らく待たされるし、スタート画面ではやたらお知らせを載せるのがJR東日本の定番なのである。本日5月19日現在で言うと

お知らせ
えきねっとを騙る偽メールにご注意を!

というおどろおどろしい文字が画面の上3分の1を占めているのだが、それはいらない。というか、もうメールに頼るのをやめませんかね。メール「でも」情報を受け取れるというのはいいが、そこにリンクを載せてアプリやWebサイトに誘導する仕組みは廃止すべきだと思う。そういった発想の展開ができないから迷惑メールがなくならない。「自分でお願いしないとメールは来ません」を原則にしてほしい。
 JR東日本がITで成功したのは、実はSuicaだけである。PASMOというライバルと、ソニーがいたから成功したのであって、JR東日本鉄道情報システムさんは何をしているのやら。

東京乗り換えでは飛行機が先行

 日本航空が2023年から運賃制度を大幅に見直すそうである。やたらカタカナだらけの運賃種別はやめてほしいけれど、羽田発着の人にはあまり関係ない大きな変更がひとつある。地方から羽田を経由して他の地方に行く場合、現在は2区間乗る扱いになるが、見直し後は1区間分として航空券を発行するそうである。
 一方、東北新幹線で東京に着いて東海道新幹線に乗り換えるとどうなるか。えきねっとで買ったきっぷでいったん改札外に出て、東海道新幹線の改札口に回ってエクスプレス予約で乗ることになる。
 磁気乗車券であれば乗換改札口が使えるが、もうJR東日本みどりの窓口だけではなく券売機すらやめたい勢いである。各駅に長距離きっぷが買える機械が1台しかない駅が都市部でも激増しているが、その機械が壊れたり、操作に慣れない人が専有して待たされるかもしれないと思うと、きっぷの当日受け取りなんて絶対ありえない。地元の駅での受け取りをあきらめて主要駅に行ったところで、券売機やみどりの窓口では待たされることが確実である。歩くのが苦でなければスマホ予約を習得した上で、遠回りだがいったん改札外に出るのがいいと思う。
 羽田空港乗換であっても自動改札は通るのだけれど、わざわざ遠くに回ってくださいとか、券売機が少ないということはない。
 上下分離というと、土地・設備の保有と運行の分離を指すけれど、発券と運行も分離したほうがいいと思われる。
 飛行機も何でもいいわけではなく、空港から出たあとが微妙だ。高速バスの仕組みが空港ごと、バス会社ごとにばらばらである。お願いだから統一してほしいし、着陸後、地上を走行し、飛行機が完全に泊まる前に発券を完了できるようにしてほしい*1
 新幹線も飛行機も改善できるところがたくさんあるが、いろいろあって直っていない。完全ではないから競争のやりがいがあるのかもしれない。がんばっていただきたい。

*1:羽田空港行きの出発ロビーで京急東京モノレールの切符を売っているが、それは本数が多いから問題が少ないのであって、便数が少ないバスで、特に最終便が早い場合は予約は課題がある。しかも時間指定の切符の場合は飛行機が遅れると乗れないので、エクスプレス予約のように何度も予約変更可能であればできなくもないが、飛行機の遅れの度に予約変更を受け付けられるほど座席数に余裕はない

東京都、太陽光発電義務化

2022年5月18日ごろの各社報道。
保守層は中国に利する、小池都知事の独裁だと批判している。
小池知事は独裁と言っても政敵がいないというだけで、政策がない人である。あえていえば環境大臣時代の風呂敷くらいなものだと思う。あとは「排除の論理」「密です」などのキャッチフレーズの発明家ではあるが政策立案や政策遂行をやっているところを知らない。
太陽光発電が政策なのだとしたら、政策立案者は誰か。もちろん都民ファーストではない。誰かに操られているのだろうか。するとやっぱり隣国?

マスク

 マスクのウィルス遮蔽効果に疑問を呈すると、ウィルスは飛沫と一緒に呼吸器から出るからマスクにブロックされることを期待しているのだという。
 じゃあ、マスクは湿気を通さないのかと疑問を呈すると、通すのだという。
 だから、通るんでしょ? いや、くしゃみはいったん抑えられる。
 いったん抑えたら何がうれしいの? 8時31分に放出、感染するより、8時52分に放出、感染する方がいいということか。では、8時45分に入室、接近した人にもそれはあてはまるのか。
 ???

 マネキンに医療用マスクを固定するという、とてもいい条件の実験で8割しか遮蔽効果がない。
 使い古しの擦れたマスクではどうなる? 鼻や口を動かしたらどうなる?

 こういう話をすると、遮蔽率の問題ではないのだという。
 ウイルスを1個でも遮蔽した方がリスクが下がる?
 誤解してほしくないのは、効果が少ないから疑問だと言っているのではない。

 そもそもの話をすると、ウィルス保有者がいたとして、この人から排出されるウィルスをマスクでは減らすことができない。
 これをいったん遮蔽したからいいとか、直接飛ばなければいいという発想自体がナンセンスである。
 これがいいなら、工場の煙突には不織布をつけておけばいい。

 様々な説明を聞いていて効果があると納得できるのは次のふたつである。

  • 人が自発的にウィルスを体内に入れてしまうことを防ぐ
  • 空間全体のウィルス量を減らす

 糞口感染ならトイレで気をつける、接触感染なら手を洗う、ということになるが、原因は様々な説があるので、暇ならやればいいだろう。
 それも悪くはないが、とにかく目の前からウィルスを遠ざける。口元ではなくてできるだけ遠ざける。きちんと換気をすることにつきるのではないですか。
 マスクに貯めることがいいのだとするならば、マスク装着者がウィルスの保有期間を伸ばすことになる。伸びれば感染しやすくなるのは言うまでもない。感染のリスクを高めることがなぜ周りの人の命を守ることになるのか。真逆である。

マスク

 コロナ禍を機に、不織布マスクはウィルスを通さないものということになっている。

  • ある有名大が、世界一のスーパーコンピューターでシミュレーションを行い「本物のウィルスでテストしたらやっぱりマスクには効果がありました!」という発表をして、本当かと思ったが、よく読んだらマネキンで実験していた。更に読むと「完璧ではないから換気が必要」ともさり気なく書いてある。
  • 効果が100%でなければ使うなということではないけれど、顔には筋肉があってしょっちゅう動いているし、鼻や口を使うために実は頻繁に外している。花粉症がなくならないと言うけれど、ウィルスよりもはるかに大きい花粉を確実に捕まえられるならば医者は不要なのではないか。でも実際は点鼻薬もたくさん売れている。コロナ禍でみんながマスクをするようになり、室内でもするようになったが、それでも点鼻薬コーナーは不滅だった。本気でマスクにすがる大多数の日本人は、やはり科学的にものを考えられなくなっているのだと思う。
  • 肌を荒らしたり、息苦しい思いをしてまでつけなければならないものなのだろうか。
  • 不織布は紙でも布でもなく、樹脂を固めて作ったものだから、プラスチックを口に当てるということなのだと思うが、それでウィルスを遮断できるのであれば、世に出回っている空気清浄機のフィルターは、不織布3枚重ねくらいで作ったらいいのにと思う。分厚くて高価な消耗品として売られているが、重ねマスクをして安心なら3枚にすればさらに安心である。なお、3枚重ねくらいとしたのは、フィルターはほこりが溜まったらすぐ捨てるものではなく、数回は掃除機なので埃を取って使うものなので若干耐久性があった方がいいだろうということだが、重ねマスクをありがたがる信者にはなお安心なのではないか。

 お掃除ロボットのひとつに床拭きロボットがあるのだが、純正品の床拭きマットに代えて、ドラッグストアで売られている床ふき用の使い捨てシートを使う方法や感想について説明するネット記事やブログが大量に検索可能である。ちなみに使い捨てシートは偶然だが不織布だと思われる。
 もしマスクを信じるなら、自宅の空気清浄機のフィルターを不織布にしてみる人がいてもいいはずだ。また、暴利を貪るメーカーを糾弾しようという人も当然現れるはずである。
 でも、そんな人はいない。
 本当にマスクを信じているの?

タブレットで雑誌を見たい

 Yahoo!プレミアム会員の読み放題プレミアムは、Yahoo! IDを使えば契約している携帯端末以外でも雑誌が読み放題。
 Chromebookで紙の雑誌を開くと文字が小さいので、縦画面にすると読みやすくなる。
 紙の雑誌を1ページずつ読んでいると、読んでいるうちに紙の雑誌を半分に折りたたんでいるのではないかと錯覚してしまい、時折、裏返してしまうことがある。
 電子雑誌は慣れないなあと思う一方で、隣のページが気になってしまうのがなぜかが気になった。
 紙の雑誌は見開きで読むようにできているのである。新聞はあんなに大きいのに、満員電車でも読めるように折りたたむことが前提に作られている。しかし、雑誌は左右ページを開いてみることが前提に文字や写真が組まれている。
 手に持てる大きさの端末で読むには1ページずつ読むしかない。それを前提にしないのか。大型ディスプレイで見開き2ページで読めというメッセージなのか。

OPPO Reno5 A つづき

 Reno5 Aを使い始めて1年位経っただろうか。
 電池がへたってきたので新機種を調べ始めてはいるが、Reno5 Aの後継はなかなか出てこない。世界半導体不足の影響だろうか。
 2022年4月27日に、Color OS 12、すなわちChrome OS 12の提供が始まった。
 メジャーバージョンアップを2回もサポートするのは偉いと思うのだが、今回の12はUIデザインが若干変わっただけで、よくなったところが見当たらない。プレスリリースを読めばわかるけれど、使っていて自然と気づくような改善点が見当たらない。
 次は何に期待しよう。それともiPhone SEにでも変更したらいいだろうか。

雑な説明

地方税をクレジットカードで納付するサイトを利用した。
FAQに以下の記述がある。

6. 納付番号と確認番号を入力するだけなのに、本当に自分の支払なのか心配です。
入力していただいた納付番号と確認番号が正しくないと、先の画面に進むことができない仕組みとなっています。また最終の納付確認画面で納付番号・確認番号・納付額等に間違いがないかご確認ください。

片方の番号がもう片方の番号の検証のために採番されているのであればわかるが、わたしの手元に届いた納付書を確認したところ、

  • 今年度1回目の確認番号が0100
  • 今年度2回目の確認番号が0200
  • 今年度3回目の確認番号が0300
  • 今年度4回目の確認番号が0400

だった。
他の人に届いている納付書も0100、0200、0300、0400になっていると思われ、これでは確認番号は納付番号の検証に使えない。他人の納付番号を入力してしまっても確認番号が一致してしまう可能性が低くない。
 だから、他人の納付番号で納税ができてしまう。
 不適切な説明であるが、誰も気にせず通ってしまうところが恐ろしい。
 問い合わせが来たのを受けて後付けでこのような説明をしているのだとしたらさらに恐ろしい。
 設計者は気づいているはずだが、
 納付サイトが悪いというよりは、納付書を発行するシステムを作っている会社がずさんである。