正しく恐れるということ

怒っても解決しない

病は気から。風邪を引いたらすぐ医者ではなく、とにかく寝ろ

 新型コロナウィルスであっても風邪の一種であり、対策は同じ。こちらは正論を言っているつもりなのだが、パニックになっている人からは「そんな呑気なことを言ってふざけている場合か」と怒られてしまう。
 「死んでいる人がいるのに、寝ていればすぐ治ると思っているのか」と言われたこともある。寝るという言葉を聞くと「すぐ治る」が勝手に連想される思考回路になっているようで、困ってしまう。「すぐ治る」なんて言っていないし、「寝るしか方法がない」と言っているだけだというと、対応が消極的あるいは楽観的だと受け取るらしくて、ますます怒らせてしまうことになるのでますます困る。世の中には、台風とか雷とか隕石とか、どんなにがんばっても根源を断つことができない危機というものが存在するのだが、菌やウィルスに対しては医療で制圧できないと許せないようである。
 こちらは不安をあおるだけのマスコミはうのみにしないし、出ている情報を分析して、自分なりに冷静なリスク判断をしているつもりなのだが、理解してもらえない。正直なところ、コロナウィルスよりも経済恐慌を恐れているので、客観的に見てバイアスがかかっている可能性はあるが、そういうことよりも、とにかくストレスをためるのは体の抵抗力を下げる大きなリスクファクターだと考える。特にわたし自身は他人に影響されやすい。相手を叱って自分だけ気分を晴らそうとしているのかと疑いたくなる。実際には本人は無自覚無意識だとは思うが、ネガティブなことを言いふらすのは誰も幸せにしない。
 合併症のリスクが高い人、高齢者やその家族、介護関係者については、インフルエンザの流行が毎年のことであることを考慮すると冷静に対処していると思う。一方、何かに怒っている人は元気な人が多いような気がする。その元気をどうして他の人を不健康にすることに使ってしまうのか。
 政府はいつも批判されるもので、あまりほめてもらえない運命にあるのかもしれないが、今回の事案に対しては閣僚が休日も返上して記者会見を行い、情報発信に努めていると思う。しかし、クルーズ船がどうのこうの、イベント自粛要請が遅いだとか、みんな何かに怒っている。自然の脅威なのだから、人間同士が対立してどうするのか。また、こういうときには民間療法の噂も要注意。もし民間療法が効くなら噂ではなく政府がもったいぶらずに発表するだろう。
 病気を分析する技術はどんどん進化する。あるいは外国で未開の地がどんどん開拓され、新しい生物が人間界に暴露する。これまでだったら風邪で片付けられてきたかもしれないものに対してどんどん新しい名前が付けられていくと思われるが、人間は恐怖におびえ続けるのだろうか。そして、誰かを批判し続けるのだろうか。

自分の信じるリスク対策をして、人に押し付けない

 こまめに手などを洗い、外では物にさわらないようにする。ここまではみんなと同意できるのだが、雑菌の温床になる家庭用マスクを発症していない人にまで強制するのは納得がいかない。花粉症の人もいるので、マスクをしている人が敵、という意味ではないので誤解しないでもらいたいが、あごにぶらさげているだけの人については「単なるお守りであり、むしろ雑菌をためやすい物を口に近づけてリスクを高めているだけ」と思ってしまう。ただ、ネガティブなことを言いふらすのは誰も幸せにしないと数行前に書いたばかりなので、直接批判したり叱ったりはしない。人がそれでいいと思っているのなら、その人の気分を害さないことがその人のためだと考えることにする。
 ストレスは体の抵抗力を下げるので、手洗いなどの対策をしたらあとは大丈夫だと強く思い込むことはそれなりに重要なこと。繰り返しになって恐縮だが、周りの人に自分の不安を言いふらすのはストレスを増やす行為であり、呪いをかける行為に等しいことを自覚すべきだ。
 「病は気から」だけでなく「気合だ、根性だ」の類も以前は馬鹿にしていたが、見直す必要がある。気持ちの持ちようで体を強くすることはないだろうが、気持ちの持ちようでマイナスに働かないようにすることは可能であり、気持ちを整えることは損ではない。

体調が悪いときは

 「こんなに流行してしまったらどうすればいいの?あなたは考えているのか?」と言われたことがあるが、病院こそがウィルス濃厚接触のリスクが高い場所。ほとんどの人は投薬に頼らなくても回復するようだ。普段は幼い子供を抱えていて、早期に非常態勢を解きたいばかりに、あるいは学校・幼稚園などへの登校許可証明が必要なために医療機関に頼ることは共働き家庭ではよくあることなのだそうだが、この時期についてはあきらめて家で寝る(または寝かせる)しかないと思う。特効薬がないのに医療機関に行く行為こそが危険だ。待合室で長く待たされて疲弊するかもしれない。違う病気をもらう可能性も上がる。インフルエンザに型があることはみんな知っているだろう。
 やや症状が重い場合も、とりあえず診療ではなく、まずは#7119。
www.fdma.go.jp

冷静に電話で対応を相談すべきだ。ただし、個人的な偏見で恐縮だが保険などで付帯される民間の相談サービスは頼れるものだろうか。わたしもあらゆる相談サービスを使ったわけではないが、サービスの性質上、「行かなくていいですよ」と言って取り返しがつかなくなったら責任が取れないし、受診勧奨を期待していた人からクレームを受ける可能性がある。だから「とりあえず受診しなさい」としか言わない可能性がある。

ポイントカードに未来はあるのか

ポスト現金決済市場は、段階を踏んで発展している。

  • 第一段階: 回数券、商品券、磁気プリペイドカード
  • 第二段階: 日常の買い物をオンラインで決済
  • 第三段階: 財布の現金などに代わって非接触媒体(ICカードまたはおさいふケータイ)で決済
  • 第四段階: リアルの買い物でも非対面決済
  • 第五段階: 決済処理を意識することなく自動課金(無人コンビニ、顔パスの自動改札など)

 第一段階のころのポイントカードは発行店のみ有効のスタンプカードくらしかなかったとして、その後Tポイントが現れて業態横断のポイントカードができた。Tポイントは画期的な発明であり、様々な企業が追随したが、その後、現金決済の進化に対応できているだろうか。ポイント事業者は、どこの段階でも決済への参入に失敗している。

 第二段階では、JR東日本がパソコン用ICカードリーダーを使って家でもSuicaを使った決済をできる仕組みを作った。ビューカードを使うとオートチャージのポイント還元率が高いため、オートチャージでチャージしたSuicaを家でも使えるとお得感があるが、JR東日本はどんなアプリを作ってもUIがいけていなくて普及していない。amazon楽天ができる前は、クレジットカード会社や流通各社がネットショッピングサイトに挑戦し、挫折している。

 第三段階では、Tポイントの電子マネー化を狙ったTマネー。今やTポイントアプリにはPayPayが表示されるようになった。Tポイントのブランド価値を低下し、ファミリーマートなどの離反を招いている。おサイフケータイGoogle Payにはポイントカードを導入する機能がついているが、あまり使われているとは言えない。モバイルPontaはいい仕組みだと思うが、誰も知らない。

 第四段階が、さきほど別の記事に書いた、マクドナルドアプリの動きである。マクドナルドの店頭ではWAONやiDなど、幅広い決済手段が使えるが、マクドナルドアプリで使えるのはクレジットカードとLINE Payである。コカコーラのCoak Onアプリは、QRコードのペイメントが対応しているが、ポイントカードはやはり非対応。スターバックスはLINE Pay。

 楽天ポイントカードやdポイントカードは、自らの経済圏からこぼれ落ちた店頭決済を拾うための仕組みであることは理解している。ただし、いったん拾ったものがオンラインに移行しようとしているときに全く拾おうとせずにこぼしてしまっているように見える。

 第五段階はこれから普及が始まるもので、どんなものが普及するかはまだわからないが、第五段階の到来自体は確実である。その完成は対面決済の消滅、そして対面決済で用いるポイントカードの消滅を意味する。ポイントを配る商慣習は残るのだろうか。

セブン&アイ

イトーヨーカドーのポイントカードはやめて、ポイントを貯めたい人にはnanacoを誘導。セブンペイが失敗した後、次の戦略を立てているのだろう。

イオン

WAON王国健在だが、イオンの店頭ではQRコードなどに対応し、何でもどうぞになりつつある。イオンカードセレクトは金融一体型カードとしては優秀だと思うが、WAON決済は金融での優遇獲得の目的になってしまい、使っていてお得な感じはあまりしない。イオンが悪いのではなく、新興勢力の大規模還元を前に埋もれがち。イオンでしか買い物しないイオン信者向け。

ローソン

ローソン銀行を作ったけれど、新サービス現れず。Pontaをどこまで引っ張るか。

ファミリーマート

Tポイント連合から離脱。どのポイントでもどうぞになってしまった。ファミペイの普及も地味。ポイントを利用したビッグデータの収集は諦めたように見えてしまう。

楽天

Edy楽天ポイントカードがあるが、リアル店舗における経済圏組み入れをどう進めたいのかはよくわからない。5G戦略も構想先行でこれからに期待。

ソフトバンク

PayPayにて個人、中小商店への食い込みを狙う。ポイントキャンペーンの対象を毎月変えているので、様々な業態に浸透を図りたい考えが明確。LINE Payをどうしたいのかは不明確。

メルペイ+Origami Pay

店舗でも使える決済は付加価値であって、本業ではない。不用品交換市場で生き残れるのであれば当面は辛抱か。

d払い、au pay

新興勢に追随して高還元の消耗戦をしているが、ドコモ加入者のもの、au加入者のものという先入観が邪魔をしているような気がする。数千万単位の携帯電話加入者が毎月使う料金振替口座を使って家計の支出をまとめるチャンスがあったかもしれないが、ゲームやアプリの課金くらいしか取り込めていない。クレジットカード番号を入れればまとめて払いを使う必要はない。

Tポイント

Tポイントのサイト「Tサイト」にて「提携先」とされているリアル店舗の加盟店はたくさんあるが、業界トップシェアのリアル店舗があまり出てこない。Yahoo!クロネコヤマトなど、ないわけではないが、どちらもアプリ注文ができるようになっている。Yahoo!の通信販売ではまだTポイントがつくが、PayPayモールで十数パーセントのポイントがつく中で1%の還元率は地味に見える。いつTポイントがなくなっても不思議ではない。別のポイント事業者と戦略的に提携しなければならない時期が訪れるだろう。

アフェリエイト

自社のサイトを経由するとポイントがもらえますの類は、ポイントを渡す側がメリットを感じなくなって還元率を下げると魅力が下がる。いつまで続くのかは微妙。

家電量販店

自社アプリでもポイントがつくようになっているが、楽天amazonに出店しているところでは出店先のポイントしかつかない。低価格帯の家電はホームセンターなどで買えるようになっている。かつて高額だったテレビも、普及品は安い。すると高額商品の種類が減って、普及品を家電量販店に行く機会が減ると、家電はいつもXXカメラで買う、というような習慣がなくなってしまう。洗濯機や冷蔵庫を買ったときのポイントを使うために、後日再来店して電池を買う、といった見込みも立たない。家電量販店は今後何で囲い込みをするのだろう。薬やおもちゃ、布団に酒まで売っているけれど、それらも通販でいいかなと思ってしまう。高齢者狙いなのだろう。

ビジネスホテル

出張の常連が宿泊先を固定するのは、フロントでのやりとりを新たに覚えるのが面倒だからであり、そこを解決するアプリが出てくるとポイントの意味はなくなってしまう。たかだか半日くらいの滞在なのにチェックインやチェックアウトのときに時間がかかるホテルがあり、懇切丁寧が説明がついてさらに長くなる場合があるが、Webサイトに書いておいてくれればいい。

クレジットカード

高還元カードは相次ぐ還元率改悪で会員の信用を失っている。オンラインはアフェリエイトをやっている程度で、次世代技術への対応は進めているのだろうか。

マイル

航空会社のマイルは、他頻度利用者向けのサービスとしては安泰だと思う。

来年、再来年になったらどうなるか。後で読み直してみよう。

マクドナルドのモバイルオーダー

 マクドナルドで遠隔注文ができるようになったので試してみた。

 これまでのマクドナルドアプリとは独立したアプリが必要。ただし、IDは共通で、クーポンも使えた。

 ハッピーセットのおもちゃまで細かく選べるようになっていて、店頭と同じ注文ができるが、決済処理はアプリで行われるので店員とのやりとりは商品を受けとるときだけだった。

 ただし、完璧ではない。マクドナルドの店頭オペレーションは客と話しながら渡し漏れを防ぐようになっている。わたしが試したときはチキンナゲットのソースを店員が忘れていた。店員は無口の客とのやり取りに慣れが必要である。

 ハンバーガーショップではこれまでも電話オーダーがあったが、今回のアプリには来店ボタンがある。ボタンを押すと始めて調理が始まり、作りたてを渡すようになっている。あらかじめオーダーが完了していて、来店するとすぐに受け取れるという客の感覚とはずれているので店員は焦る。客としては混んでいる時間にいくときは店に着く前に来店ボタンを押すのがよさそうだ。

ポイントがつかない

 これまでのマクドナルドアプリでは楽天ポイントとdポイントに対応していたが、レジには立ち寄らないのでポイントはつけられない。

 アプリをさわってみて、ドライブスルーで使いたいと思ったが、ドライブスルーには対応しないようだ。店内、持ち帰りの選択ができるのだからドライブスルーも選べたらいいのに。

 楽天ポイントサービス、dポイントサービスはご利用いただけません。
また、アプリ上の注文は「ポイント貯める」の対象になりませんので、ご了承ください。

キャッシュレス愛好家たちにはFelicaが好評だが、こうして次第にFelicaの優位点は失われていく。

 アプリでの買い物にポイントがつけられないことについて、ポイント事業者には危機感がないのか。操作が面倒と酷評されているQRコード決済やFintech勢はアプリで決済するとポイントもつく。

 アプリでの決済にポイントをつけるように、店と連携することが必要。リクルートのアプリを使うとPontaがたまるが、うまく連携できているのはそれくらいだろうか。

 

スカッとでスカッとしない

テレビやYoutubeで、性格が悪い人間と接触して迷惑を受けるものの、最後に言い返して、見ている人をスカッとさせようとする小咄を流す番組がある。

スカッとするどころかイライラが募り、最後に流れが変わっても後味悪さが解消しないのだが、わたしだけだろうか。

水戸黄門のような勧善懲悪の芝居がなくなってしまった。スカッと系はその代わりと思われるが、水戸黄門のほうが楽しかった。悪い奴と嫌な奴は少し違う。嫌な奴は後で懲らしめることになるのがわかっていたとしても、そもそも見たくない。

このような番組に需要があるのは、美談や笑い話では刺激が足りない人が増えているのでしょうかね。

タッチ決済

VISAがクレジットカードのICチップで非接触決済ができるサービスを推進。
しかし、「VISAのタッチ決済」という名前が野暮ったい。
実は、以前ニコスのSmartPlusと組んでVISA TOUCHというサービスが存在した。現在のサービスはTap to payあるいはcontactlessとusa.visa.comのWebサイトでは書かれていて、日本語で書くとタッチ決済ということなのだろうが、VISA TOUCHと見分けがつくようVISA「の」タッチ決済となっている。
VISA TOUCHは、かつて例えばセルフのガソリンスタンドで使えたが、車のキーホルダーと同じくらいの大きさになるような専用の小型プラスチックカードだった。日本におけるVISAの本家、三井住友カードはiDに注力していて、やがてなくなってしまった。
日本では2019年から再挑戦となるわけだが、国内ではほとんど知られていない。マスターカードのコンタクトレスも同様。「えでぃ」と「あいでぃー」の違いを聞き分けてもらえないのと同じで、VISAと言った瞬間に店員の脳が「クレジットカードを受け取らなくては」になってしまうのが問題。「VISAのたっちけっさい」だと言っても「何ですか」となってしまうか「わかったから早くお手待ちのカードをこちらに渡してください」と言われてしまういそうである。「これはタッチするだけだからわたしが操作します」と説明しなければならないかもしれない。セルフレジでしか使えない。
VISAやマスターカードはとても強いブランドではあるが、NFCQRコードの時代においては磁気カード決済の代表格になっていくだろう。新しい名前をつけた方がいいと思う。

自動待受にならない

タッチ決済を普及させるには、店員に決済方法を告げなくても自動的にカードを読み取る状態になっていることが好ましい。上述の通り、店員がICチップの情報を読み取る状態にするまでのところに壁があるから。
しかしここで大きな問題がある。日本のFelicaおサイフケータイは複数の決済情報を登録できてしまう。鉄道の自動改札を通るときはモバイルSuicaしか動作しないが、コカコーラの自動販売機におサイフケータイをかざしてもエラーになってしまう。鉄道系ICカードしか読まないタイプのものであれば問題ないが、複数のICカードに対応している場合は、自分で決済手段を選ぶ必要がある。
以前のローソンのように、自分で決済手段を選ぶ方式にしてほしい。ただ、大手コンビニエンスストアとなると対応する決済手段が膨大すぎてタッチパネルにボタンを表示させると字が細かくなってしまう可能性が高い。それで、店員に操作させる方式にしたのだろうけれどやはり聞き間違いや操作ミス、店員のスキル不足がストレスを招くことが増えるだろう。

新型コロナウイルス収束へ つづき

公式の感染者はもちろん増え続けているものの、パンデミックという状況ではない。
数千人規模で感染しているのでは、と警鐘を鳴らす方もいるが、それってインフルエンザよりは少ないということだと理解している。
糖尿病などとの合併症を心配する人や高齢者にとっては大変だけれど、社会全体で経済を冷やすほどのことではないと思う。花粉症患者にマスクがないことの方が問題だと思うのだが、どうなのだろう。

東京オリンピックは開催できるのだろうか。東京オリンピック推進ではないけれど、投資しまっくった挙げ句に中止というのは最悪の結末である。

新型コロナウイルス収束へ

中国の新型ウイルス。上の題名は「収束へ」としただけで、収束したとは言っていない。でも、明らかに患者の伸びは鈍化している。
統計をごまかしている可能性はあったが、そもそも中国政府は初動で伝染病発生の事実を隠蔽したことを認めた。メンツにこだわる国がこれ以上隠しておきたい事実はないだろうから、患者数を少なく見せる動機は乏しいと考える。
4日(日本時間5日未明)のニューヨーク株式市場は回復している。大金をかけて世界中を調べまくっている人たちがリスクオンに転換したのだからわたしはその判断を信じる。下落幅に比べれば上昇幅は小さい。ただ、どこかにパンデミックの予兆があれば先物で大いに売られるはずだ。

テレビはあおるだけ

そんな中、テレビは「懸念広がる」などとニュース番組の字幕に平気で書いてしまっている。懸念広がるとは誰のどんな考えをもってそのような総括なのか。
専門家に意見を言わせるだけで、テレビ局が今後の情勢を断定する能力は持ち合わせていないだろう。テレビが調査能力を発揮するのは今では国政選挙投票日の出口調査くらいなものだ。
「リスクは正しくこわがりましょう」と言われるが、新たな事実なしに前よりも不確実性が広まったかのような印象を与えるのはとてもよくない。今日も国内で感染者が増えましたと言っているが、それ以上の人が交通事故で亡くなっている。
コロナ、コロナと印象付ける一方で、インフルエンザや花粉症の備えが全くできていない。インフルエンザはまだしも、花粉症の本格飛来の時季は確実に迫っているにもかかわらず、多くの国民はマスクを用意できていない。春の通勤電車はどうなるのだろうか。コロナウィルスの顕微鏡写真を何度も出して恐怖をあおる暇があったら、マスクの増産計画について工場で取材して解説してほしい。

中国は進んでいる

人の交流が妨げられている中国であるが、物流は確保できていて、食事の出前も取ることができるらしい。受験生向けにスマートフォンで遠隔授業をしているという。 もちろん、できているところだけが取材されているのであろうが、東京ではこうならないかもしれない。