Google Pixel 3a XL (おサイフケータイの移行2019年版)

AQUOS Rは、まだまだ現役で使えるスマートフォンだが、この頃、筐体が反ってきた。すると背面が引っ張られて、背面の板の隙間から防水用のゴムが見えるようになってきた。若干電池のもちが悪くなったようにも思えるので、電池の劣化がさらに進むか、反りがひどくなって画面にダメージが来ることでまもなく寿命が来るだろう。
家電量販店に行ったところ、携帯電話売り場にはソフトバンクの主要モデルで6万円還元を謳う貼り紙があった。しかし、6万円のかわりにギガモンスターへの乗り換えを強制されてしまう。契約を温存するため一時的な出費にはなってもSIMフリー端末を探すことにした。
検索しようとしてGoogleにアクセスしたところ、きょうまでに申し込めば5,000円のGoogle Playクーポンがもらえるという広告を発見。思わずポチっとしてしまった。
iPhoneが10万円超えをして以来、フラッグシップモデルは10万円超えが当たり前になっている。そんな中でのGoogleの廉価版発売。AQUOSAQUOS Rからの移行なので、少し値段は上がるがXLにした。画面サイズは少し縦に伸びることになる。以下、Google Pixel 3a XLでは長いので、Pixelと呼ぶ。
発注すると、香港からヤマト運輸羽田空港まで空輸。週末はさんで1週間以内で自宅に来た。

移行

今回はAndroid 9 から Android 9への同じバージョンへ移行する。
Pixel付属のPINでSIMカードを移し替え。Pixcel付属のUSB-C to USB-Cケーブルで2つの端末をつないでデータ移行。大概の情報は移行できた。プリインストールアプリケーションの更新と、旧端末で使っていたアプリのインストールにとても時間がかかるが、これは仕方がない。
さて、続いてアプリの機種交換対応である。

Coke-on

旧端末でPINとパスコードを入手し、新端末に入力する。旧端末のユーザー情報は自動的にリセットされる。

Google認証システム

Google認証システムには様々なサービスを登録することが可能なので、1つずつ対応が必要。

Google

PCでgoogle.comにアクセスし、Googleアカウントの設定画面から2段階プロセスの設定画面に行き、「スマートフォンを変更」をクリック。

amazon.co.jp

PCでamazon.co.jpにアクセスし、お客様のアカウント › ログインとセキュリティ › 高度なセキュリティ設定に行く。注意点は、複数の二段階認証手段を使用していた場合、旧端末のアプリだけを削除することはできない。削除をするときはすべてをリセットする必要がある。もっとも、旧端末の管理さえしっかりしておけば、旧端末のアプリを残しておくことは問題ない。

AWS

PCでconsole.aws.amazon.comにアクセス。AWSのマネジメントコンソールはしばしば仕様が変わるのでここでは省略。旧端末の管理情報を削除してから新端末を登録。

Facebook

「設定」から「セキュリティとログイン」へ。

その他

あるサイトは、二段階認証の解除をブラウザからできないという。面倒くさいので放置。

セブンイレブンアプリ

7iDという会員IDをいろいろなSNSのアカウントと連携できるため、前回登録したときに何と連携したのかを忘れがち。旧端末で7iD会員情報を開き、メールアドレス横の「変更」をクリック。ログイン情報の確認・変更の画面が現れたら会員ID欄の「設定」をクリック。すると、わたしの場合は会員IDが何と連携しているかが表示された。
新端末で7iDのログインに成功すると、旧端末はリセットされる。この操作だけでは、nanaco情報の移行は終わらないので要注意。

イトーヨーカドーアプリ

セブンイレブンアプリの移行を先に終えると、イトーヨーカドーアプリもリセットされてしまうが、めげずに旧端末のイトーヨーカドーアプリに再びログインするとアプリのポイントなどが復活する。設定画面から機種変更手続きを実施した後、新端末に入力。アプリ引継ぎIDと暗証番号が必要。暗証番号はこの場で決める。設定後1週間有効だが引継ぎが終われば使わない。

おサイフケータイアプリ

初期設定を行う。情報入力は不要。

nanaco

後述するが、残高が少ない場合は、あらかじめ旧端末で当面使う金額をチャージをしておくとよい。旧端末で機種変更ボタンをクリック。通常使用している会員パスワードを入力後、次の画面で引継番号発行開始をクリック。即時に引継番号が発行されるので新端末に引継番号と会員パスワードを入力する。旧端末でオートチャージをセットしていた場合は新端末でも再設定が必要。しかし、設定が可能になるのは新しいnanaco番号が発行されてから4日後。それまではオートチャージが使えない。端末でのチャージも行えない。

iD (SIMフリー版)

旧端末で手続きを実施。自分で設定する受取用パスワードと、手続き時に発行されるアクセスコードを新端末に入力。ポストペイなので移行が楽でよい。

ANA Skipサービス

Google Pixel 3では登録できなかったそうだが、3a XLでは問題なく登録できた。

モバイルSuica

旧端末から移行する際には、SIMカードが刺さっていることが必要。旧端末と同じSIMを使っていたので少し手間が発生したが、アプリから機種変更手続きが可能。新端末ではログイン後に初期設定を選ぶだけ。ただ、初期設定という言葉は登録がない状態で処理を始めるようなイメージを持ったので、機種変更手続きだとわかる名前に変えたほうがいいと思う。

モバイルPonta

ケーブルでのデータ転送により自動で移行完了。ポイントだけでなく、Ponta番号も引き継がれている。

JR東日本アプリ

ケーブルでのデータ転送により自動で移行完了。

JREポイント

ログインするだけ。

PayPay

Yahoo! IDと連携しておけばそれでログインするだけ。

オリンピックチケット販売サイト

 TOKYO 2020のチケットをWebから申し込んだ。電話認証を行った後で画面が閉じられてしまい、申込みが成立しなかった。理由はよくわからない。もう一度買おうとしたらカートの中に申し込んだチケットの情報が残っていたので手間ではなかったが、少し怖かった。

 怖いといえば、もらったメールの題名や内容に統一感がない。IDの登録を含め3回メールをもらったが、それぞれの差出人とタイトルを以下に示す。

 

# 差出人 題名
1 TOKYO 2020 ID [TOKYO 2020 ID]仮登録完了と本登録のお願い
2 TOKYO 2020 ID [TOKYO 2020 ID] 本登録完了のお知らせ
3 Tokyo 2020 [東京2020オリンピック] チケット申込完了のお知らせ

1は、「完了」は状態で、「お願い」は動作であるから、助詞「と」でつなげてはいけない。仮登録完了と登録との両方がお願いに係るとするならば、意味が変わってしまう。以下のような表現の方がいい。

- 仮登録完了のお知らせ(続けて本登録が必要です)

- 本登録のお願い

- 仮登録完了に伴う本登録のお願い

日本人が作っていないのだろうか。

2は、1と比べると題名の括弧の後ろに半角スペースが入っている。なぜ書式を変えたのか。

3は、差出人も変わってしまい、括弧の中身も変わってしまっている。こうなると作った人が違うとしか思えない。そして同じ人のレビューを受けていない。

 終盤段階で、まともな教育を受けた人が構築を行っていればシステムテストというものを実施する。本番でそのまま使う状態でシステムを可動し、利用者が本番と同じように操作をする。メールについては1、2、3を受け取るための操作を通しで行い、今回わたしが受信したのと同じようにメールを受け取っているはずである。まあ意味が通るからいいかということになったのか。

 このサイトでは偽チケットに注意するよう喚起しているので、偽物を思わせるような仕様は一切排除しなければならないはずであるが、1、2、3を受け取ったらどれかは偽物と疑うのが正しい感覚だと思う。偽物と思わせるようなアプリケーションを公式サイトでリリースしてはいけないと思う。

どうしてこんなふうになっちゃったのか。

 このサイトは、最大で数十万円もの決済を行うためのサイトである。もしかして本当に偽物にアクセスしてしまったのだろうか。

 

 

令和元年度

改元にあたり、国の予算は令和改元以降作成する文書において令和元年度と表記することとしたようである。
世の中においていろいろなものについて年度が広く使われているのにもかかわらず、国の予算のことだけあえて取り上げている。だから、一般の事業年度、会計年度、教育年度については今まで通りの慣習に従うのではないかと思っていたが、Googleで検索すると元年度がヒットする。
1月1日を始期とする年度以外は、必ず年度は2つ以上の年にまたがる。平成31年度は平成31年、令和元年、令和2年の3つにまたがるように、改元だと最低3つである。改元が1回とは限らないので論理的には4つということもありうる*1。こういったときは年度の開始日が属する年を年度と一致させるのがわかりやすかったのである。大正15年度は昭和2年まで続いたが、あとから昭和元年度と呼びなおすことはしなかったのである。
昭和63年度の卒業式は、平成に入ってから全国で行われている。だから令和元年6月1日は平成31年度のままで全く問題ない。
ところが今回は2つ目の年に書き改めるということを行った。なぜ2つ目がふさわしいのかの論理的な理由はない。過去2回は年度の終盤だったからか。そして今回は年度の序盤だからか。そうすると将来において9月だったらどうするのか。予想がつかず、政府の発表をお待ちくださいということになる。
上皇陛下の加齢が大きな理由であり、平成が忌み嫌われるものではないはずである。元号を令和に変えたからといって、命名の論理性を取っ払って無理やり平成を排除するがごとく令和元年度と言い換えたのは理解に苦しむ。
国の予算に限ってと読むのが通説でよいと思う。一方で、国の予算という重要なものが元年度と呼ぶくらいだから、他の年度も元年度と呼ばなければとむしろ平成31年度継続が例外だと理解する人もいるだろう。
年初に売られたカレンダーは、5月1日が赤くなかった。後からカレンダーを塗り替えることができたのはこれまでは皇室典範(改元)と祝日法(新たな祝日の制定)だけだった。国会の議決が必要だったのである。これが今後、政府の思い付きで後から変えることに慣れてしまったらカレンダー業界は大変である。紙のカレンダーはIoTになって電波時計がごとく勝手に書き換わるようになる時代が来るのかもしれないが、人は追いつけない。13月を作りますとか、1週間8日にしますとか、手でカレンダーを書いていたら大変だけれど、デジタルで一括修正できるのであれば何でもありだし、落ち着いて考えれば10連休なんて、書き換える範囲が小さかったらよかったものの、小学生の妄想のようなものだったわけで、すでに大胆なことをやってしまっている。今後もブレようならばそれはカレンダーではない。
民間のサービスがカレンダーをずらして差別化するのはありである。ドラマの視聴率を高めるために第1回や最終回の時期を他局とずらす。でもそれはカレンダーを基準にずらしているのであって、基準たるカレンダー自体が変動的なものになったら人々は予定や計画を立てられない。
改元の日に伴う10連休は、カレンダーを政府に売り渡した日として振り返ることになるかもしれない。

*1:令和も、その後の年号もいたずらに短く終わらないことを強く希望しているが、あくまでも論理的な可能性としての話

AI世代はどうやって理解するのか

 現代人は、文明の利器を持たずに自然の中で暮らすのは難しい。キャンプで発火材もなく火を起こせと言われても全く自信がない。そもそも、そんなことをしたいとも思わないし、必要性もない。
 未来の人は、AIがプロセスや思考結果を作ってしまった後に仕事につくことになる。機械が、人間の思考を代行した結果だけを受け取って仕事をすることになる。自然の中で生き残れない現代人と同じように、AIなしでは仕事ができない人間が将来誕生する。そんなとき、どうやって仕事の仕組みを覚えるのか見当がつかない。さらにはどうやって仕事を教えるのかもわからない。
 人類は子孫の教育をどうやっていくつもりなんだろう。とりあえず今の学校制度はまずいのではないでしょうか。
 仕組みがわからず、結果を受け入れるだけとなると、魔法又は宗教と同じになってしまう。科学に興味がある人間を残せるのだろうか。

受注が止まりません

 メール広告の題名に「受注が止まりません」と書いてあった。
 え、みんな買っているのか。それならわたしも・・・とは思わず、「そんなにお客さんがいるなら、わたしが買わなくても大丈夫だね」としか感じなかった。本文を見ずにメールを消した。お疲れ様。

改元対応・十連休対応ほぼ成功か

連休中ストレスフルだったIT関係のみなさまは本当にお疲れさまでした。こころから尊敬いたします。個人的には改元対応よりも10連休明けのシステム過負荷を心配していたがほぼ奇遇に終わりよかった。
どちらかというと首都圏の通勤混乱の方が予想通り、いや、予定通りひどくて、各地で定時に出社できなかった方々はお疲れさまでした。
2019年5月7日19時現在、Googleにて「システム障害」を検索すると2ページ目まで楽天銀行のオンパレードで、少しかわいそうである。個人的な体験から言うと、何かの決済がうまくいかなかったわけではないが、銀行、証券、電子マネーなど、あらゆるものを家計簿ソフトに登録して、一括情報更新をかけたところ、1つだけ情報取得に失敗したので、もしかしたらと思って上述のキーワードで検索した次第である。ニュースではゆうちょ銀行アプリも障害が出たようだが、Google楽天が嫌いなのだろうか。
関係者の方は今が修羅場なのではないかと想像している。そこには声援を送りたいところではあるが、ログイン不可をやってしまったことよりも、

2019年5月7日13時00分現在、【PC・スマートフォン楽天銀行アプリ・携帯電話】から口座にログインできない不具合が発生しております。
なお、ATMでのお取引、デビットカードはご利用いただけます。
お客さまにはご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

という発表をした後、夜になっても何も更新がないということの方が金融庁の怒りを買っていないだろうかと心配になる。情報発信に消極的になってしまう体質なら、楽天が世の中のしがらみをいい意味で破壊していく「ディスラプター」になっていく上での中核企業にはなりえないですよね(少し厳しいでしょうか)。
障害が回復していないのにサインインの画面を閉じることができないし、サインインを試みた人に対して適切なエラーメッセージを返すこともできていない。ITシステムというのは、自動車と同じで、走るのと同じように止めることができて一人前である。障害が起こることはありないという誤った思い込みが、障害が起こった時に対処できないシステムを産んでしまう。

確定拠出年金 つづき

 今は令和改元の10連休。
 まとまった休みに年金でもチェックしようかなと思ったが、運営管理機関のWebサービスが止まっていて見られない。
 このサービスはいつも大型連休にまとまったメンテナンス時間を取るが、サービスの性質を考えたら、休みの日こそ止めてはいけない。サービスを一切止めずに保守作業ができるようにすると費用がとても高くなってしまうので、止めたいのであれば平日に止められるように設計すべきであった。もちろん平日は残高の更新処理があるために、残高が変わらない休日に止めたほうが効率がいいかもしれないが、運用者の都合よりも利用者の利便を優先すべきではないだろうか。
 平日は月曜から金曜まで5つもあるのだから、どれからひとつ定休日にして何か問題があるだろうか。最近は図書館も理容室も月曜日に休まないところが増えたが、振替休日方式を採用してはどうだろうか。
 働き方改革ということもあるが、なんでもかんでもメンテナンスは夜間・休日という考え方は捨てたほうがいいと思う。