路線バスの情報提供がお粗末な件

 三密を避けて、すいている長距離バスを見つけて予約を取ろうとした。
 電話ではなくてWebで探してみた。しかしがっかりだ。
 以前に比べれば改善しているけれど、旅行者の視点に立ってサイトを作ってほしい。
 テレビのニュースを見ると、COVID-19の影響で観光需要を中心にバスは大打撃を受けているというが、本当に集客するつもりがあるのだろうか。
 減便して雇用調整するというのであれば、遠くの県の会社と人を交換してみたらどうか。乗車待機になっているよそのバス会社の運転手さんに来てもらって、自分たちのバスを予約して、乗ってもらってみてはどうか。バスの運転は得意でも、土地勘のないところで他社のバスに乗るのは大変だと思うよ。なぜこの業界はサービス改善ができないのか。以下はいくつかの大手サイトや地方バス会社を見た感想であり、改善に取り組んでいるところもあるとは思うが似たり寄ったりだと思う。

  • 1か月前から予約開始としておきながら、1か月前の何時に予約受付を開始するのかどこにも書いていない。Webは24時間やっているけれどまだ窓口営業の感覚なのだろう。ちなみにテレビの路線バスの旅を見ていると旅人たちが「営業所はまだ開いているだろうか」とドキドキしているけれど、そもそもそれはおかしくないですかね。
  • 乗車場所は地図で示しておきながら、降車場所の地図はない。近年、都市間バスは駅から駅を結ぶことが多いが、降りたところから列車に乗るまでどれくらい時間がかかるのか書いていない。
  • 一方、駅前で降ろされたからといってすべての客が目の前にある駅に向かうとは限らない。例えばレンタカーを借りる者もいるだろう。旅館の送迎が来るかもしれない。別の会社の長距離バスに乗り換えるかもしれない。しかし、バスは知らない場所に降ろそうとする。地元の土地勘のある人が都会に行くためだけに走らせていては需要が限られると思う。
  • バスターミナルに乗り入れる停留所では、くどいくらいに乗り場番号を書いた方がいいと思う。「〇〇駅5番のりば」などのように。そもそも旅行者には北口なのか南口なのかもわからない。
  • なぜ路線バスは停留所ナンバーを導入しないのか。路線番号もちゃんとつけた方がいいと思う。
  • 路線案内のページ、チケット予約のページ、地図検索のページ、時刻検索のページが全部ばらばらなので、全部見ないと必要な情報が入手できない。
  • 「この路線は途中の停留所で系統を打ち切るので、いったん料金を払ってください」 なんだそれ。系統打ち切りはバス会社の都合であり、なんとかできないのか。
  • 乗車停留所の近くのトイレの情報がない。バスタ新宿のような日本を代表するバスターミナルでさえ、当初停留所だけ作ってコンビニやトイレが不足していたという話もある。旅行者の動線を全く気にしない。
  • 停留所の地図がなぜか控えめな大きさ。スマホとPC併用にしようとすると横幅が限られた地図を使うしかないのだが、GoogleYahoo!のマップを使う方が親切なのではないか。
  • 予約操作を途中まで進めないとバスの座席マップが見られない。これは鉄道にもよくあることだが、なぜ画像1枚貼るのを面倒くさがるのだろうか。
  • 支払方法が増えました、というアピールは見られるようになったが、そんなことよりも、まずは前払いか後払いかちゃんと書いたらどうなのか。

 ここに書いたのはWebサイトだけでなく、バス停での案内ももう少し丁寧にすべきなのではないかと思う。

 観光バスは必死だけれど、路線バス業者は「鉄道がつぶれても最終的にはうちはつぶせない」という甘えがあると思う。しかしこれではMaaSが来ればあっという間におしまいだと思う。駅前バス・タクシーロータリーは全部つぶしてMaaSステーションになる。レンタカーの営業所を大きくしたようなものに生まれ変わる。スマホで自動運転車の予約なんて無理だなあ、という人だけが「ああ、駅からちょっと歩くけどバスもまだあるかもよ」と言われて使う。むかしは1時間に1本出ていたのになあ、と懐かしがりながら、急がない人が乗る。そういう乗り物になる。

Reno3 A その後

2020年9月にOPPO Reno3 Aについて書いた。
lqh.hatenablog.com
あれからまだ1年経っていないが、Reno5 Aへの買い替えを考えている。
わたしは「最新のスマホを持っていない奴は人生を損している」とまでは思わないので普段は2年程度は使うことにしているが、今回は違う。
ただいま土曜日の23時前。まもなく日曜日になるとPayPayモールの10%引きが適用される。2021年6月に出たばかりの新製品に手を出してしまうのだろうか。
いったん3 Aを振り返ってみることにする。

購入半年後の追加評価

【△】モバイルSuicaの効きが少し悪くなってきた

使い始めは何か不便を感じることはなかったが、いくつかハードウェアで気になるところが出てきた。最初からそうだったのか、ガンガン落としまくっているから壊れたのかはよくわからない。ただ、国産では1年で何か気になることが出てくるようなことはなかった。
一番は、たまに東京に出たときにスマートフォンで自動改札を通るときに1回で通れなくなることがあることだ。ストライクゾーンが小さいのか、他の電波と干渉しているのかはよくわからないけれど、オートチャージしている端末で自動改札の扉が閉まると少しストレスになる。
ただし、店舗の決済端末ではそれほどストレスに感じたことはない。それでもすぐに反応していないのかな、と気づく程度で、エラーになることは少ない。もっとも、SHARP端末を使っていたときにはエラーになった記憶がないので、AQUOSは優秀なんだなと思う。

【△】指紋認証の本人拒否率が若干高い

オリジナルでついていた画面保護シートがはがれてきたので、ガラス製のスマートフォン画面保護シートを付けたら指紋認証が通りにくくなった。ガラス製をあきらめてぺらぺらのシートに取り換えたが、それでも認証が通らない。Color OSでの端末ロック解除や、スマートフォンアプリケーションの起動時認証で指紋を使うことがあるが、あるアプリケーションの認証が特によくない。別のアプリケーションでは比較的通りやすく、法則が読めない。OSの端末ロック解除は顔認証が併用なのでどちらで解除されたのかわかりにくい。

【△】Bluetoothもたまに怪しい

実はこの機種に変えたあたりから、ワイヤレスイヤホンを使うようになった。それ以前からコカ・コーラ自動販売機と接続をしていたが、これが最近になってつながりにくくなった。他の機器とつながっているからだと思うことにしているが、そういうものなのだろうか。

【△】タッチパネルの感度が高すぎる

移動中にYoutubeを再生し、音だけ聞いていると、別の番組が始まってしまうことがある。動画も見ているときには画面に触らないように気を付けるが、例えば動画を見ないで歩いているときにどうやら画面を触った扱いにされてしまうことがあるようだ。Youtube Premiumにすればいいというのはわかっているが。

【〇】機種変更前の夜間モード設定が消せない不具合は解消された

いつしかのアップデートで夜間になっても濃い茶色にならなくなった。もっとも、OSのバージョンもColor OS 7.1から11に上がっている。Color OSは、Android 10相当からAndroid 11相当にしたときにバージョン番号をAndroid のバージョン番号に合わせたので、OSが4つも上がったのではなくて1回メジャーアップデートしただけである。

【〇】怪しい情報漏洩は検出できていない

最近ルーターを買い替えたので、家庭内LANからどこにデータが送信されているのかを確認するようにしている。中国製品なので中国当局に情報送信をしているのかもしれないと思ったが、怪しい送信は見当たらなかった。ただ、それを検出しているルーターを中国製なので両方とも中国当局に忠誠を誓っているのであれば何かしていてもわからないかもしれない。日本市場で売ってるすべての中国製品に怪しい送信機能がついていたり、特定の外国がサイバー戦争をするときの傭兵に組み込むような機能が搭載されていたりしたら、日本国内にいればいったん日本の通信業者を経由するので何か気づくと思う。高級官僚や政治家だけを狙って裏口を開けるような機能がついているとすればそうかもしれないが、まあ、わたしごときのデータを見ても仕方がないと思うんですけどね。
なお、Color OSにサインインしていないので、サインインすればOPPOにバックアップデータの送信をするようになると思われる。それと、話が外れるが、ルーターのログを見たら、ある国内有名メーカーのIoT製品の方がよほど怪しかった。何かに感染しているのだろうか。

購入時の感想からの差分は異常だが、逆に言うとあとは気になるところがない。遅い、熱い、電池がもたないということはない。ミッドレンジマシンとしては価格とのバランスが取れていると思う。

Reno5 Aへの期待と不安

有機ELが液晶になって残念だが、それでもきれいとあちこちのサイトに書いてある。でもまあ、3 Aを有機ELと認識して使っていなかった。
指紋が画面内ではなくなったが、後ろの方がよさそうである。ただし、おサイフケータイモバイルSuicaは大丈夫だろうかとやや不安ではある。
個人的には重くなってもいいのでバッテリー容量を増やしてほしかった。
5G対応ということで、ソフトバンクバンドをサポートしているようなので、ワイモバイルと楽天モバイルのデュアルSIMでどこまで5Gをつかむか楽しみである。そう、5Gを少し体験したいなというが購入動機になっている。
フラッグシップモデルでおサイフケータイをつけてくれればそれも考えるのだが、OPPOはミッドレンジモデルにしかつけてくれないので5 Aが候補になるのかな。

デジタル化が遅れる地上波放送

 久しぶりにEテレで将棋のNHK杯を見たら、対局中の優劣判定を表示するようになっていた。両者の勝利確率をAIに計算させて数字て表示するものだ。
 コロナ禍を機に、和室での対局から洋室に変更したが、新しいスタジオは安っぽい印象である。そこで収録した映像に字幕で優劣判定の棒グラフを被せているのだがデザインが合っていなくて浮いた印象である。
 Abemaではかなり前からやっていたので、ようやくデジタル化に着手したといえよう。ただし次の指し手の推奨を表示するなど、Abemaの方が引き続き情報量が多い。NHKは伝統を崩さないように盤を使った棋士による解説を引き続きメインにしたいようだ。Abemaの解説者はAI表示を常に気にしながら解説する。
 AIが人間よりも強くなった今日。将棋やチェスは、人間が精神力を維持できるかどうかの戦いになっている。ロボットにやらせれば精巧にできる競技をあえて人間がやることで、観戦者はプレッシャーに打ち勝つ過程を楽しむことができる。
 対局するのは人間でいいけれど、解説するのはAIでいいのではないかと思う。
 Abemaはよくわかっているけれど、NHKは遅れていると思う。
 Abemaでは、すでにニュースの読み上げもAIが読んでいる。人間のアナウンサーを不要としていない。
 テレビは放送波のデジタル化までは進化を感じていたけれど、データ放送では4色ボタンを用いた双方向通信や、簡易なゲームくらいしかできていない。世間で言うところのデジタル化には乗り遅れている。振り返ればホリエモンにフジテレビを買ってもらったほうが業界のためにはよかったのではないかと思う。

日本医師会会長、政治資金パーティーに出席

 コロナカルト宗教は解散していただきたい。

 日本医師会の会長が記者会見をして外出自粛を訴えておきながら、自らは政治資金パーティーに出席。

 パーティーとほ言っても、仕事だというのはわかっているし、遊んでいるとは言わない。

 ただ、他人に向かって仕事を止めろと言っておきながら、自分だけ仕事を続けますというのはどういうことかね。

 周りが止めないのもさっぱり理解できない。

 恐いぞ恐いぞ自粛だ自粛だと煽り続けてはや1年。

 

大事な写真をどこにしまうか

 思い出の写真は、個人にとってなくしたくないデータのひとつである*1。近年はビデオも媒体ではなくて不揮発性メモリーやハードディスクに格納することができるようになった。なので、コンピューターのファイルと同じように扱うことができる。
 最近はクラウドの方が安全で管理の手間がないと言われている。しかし、わたしは家庭用NASを使っている。

  • クラウドのいいところ
    • 保管場所が安全
    • 管理の手間が少ない
    • 常に誰かが見張ってくれる
  • 家庭用NASのいいところ
    • 継続料金は不要で、電気代のみ
    • 大量アップデート、大量ダウンロードのときに通信回線を使わなくてよい

 これからパソコンを始めるという人にはいきなりクラウドを勧めている。MicrosoftでもAppleでもGoogleでもその他でもいいのだが、スマートフォンやパソコンを使い始めて、機械から言われるように操作していると自然と始められるようになっている。サービスを使わせたいというのもあるのだが、個人向けの機械を売っている側からすると「データが壊れた」とクレームされるのはとても面倒くさいのである。だから、比較的初期の段階でクラウドを使いませんかと言ってくる。あるいは、こうしてください、ああしてください、と指示に従っていると「最初の数ヶ月は無料ですから」といつの間にかサービスに入ってしまうこともある。自然と始めてしまうため、何をどこに置いているのかわからなくなって泣きついてくる人がいるが、以前よりは「突然消えました」と言ってくる人が減ったのでそれよりはどこかに置いてある方がましなのだと思う。
 保険の営業に「あなたはどんな保険に入っているんですか」、車のセールスマンに「あなたはどんな車に乗っているんですか」、不動産屋に「あなたはどんな家を買うんですか」と聞くのと同様、「あなたは大事な写真をどこにしまうか」と聞かれたら答えと理由を持っておこうと思う。
 クラウドがどんなに安全で信頼できるものであったとしても、クラウドにしてみれば「他人のデータ」である。そして、とても重要な情報を扱うときに大事な考えは「もし失ったときにより納得できるのかどちらか」ということ。
 失ったら絶対に復元できない情報において、何%の確率でデータを守ってもらえるかは関係ない。ある程度、しっかり守る必要はあるが、お金をかけて完璧にするのは意味がない。どんな保管方法でも壊れるときには壊れる。
 「壊れました」を起点に、どうなるかをシミュレーションしてみる。最悪の状態になったときに、どんなことを感じるか。
 クラウドサービスから「あなたのデータを紛失しました」という連絡が来る。他人が提供するサービスを使っているときには、サービスが壊れる予兆を把握することはできない。「いやあ、うちのサービス、もうすぐ壊れちゃうかもしれないんですよ」なんていうことはありえない。「もうすぐ終わってしまいます」という連絡も見過ごすかもしれない。突然終了するかもしれない。
 こうなってはどうしようもない。問い合わせ窓口に文句を言うだろうか。データセンターに押しかけてなんとかならないか懇願するだろうか。そんなことをしてもデータを返してくれないのではない気がする。
 家庭用NASの場合、一度に2箇所に書き込むことができるし、もう1台買ってコピーしておくこともできる。クラウドも同じことをやっているのだが、繰り返すがあくまでも他人のデータである。きちんとやっているかどうかを確かめる手段はない。手元にあれば確実に自分で確認ができる。
 なくしたときに、自分のせいだとあきらめる方が個人的には合っている。他人のせいだと思ったほうが楽なのであればクラウドもいいかもしれない。
 ここまで書いたが、実は家庭用NASのバックアップはクラウドに置いてある。やはり、自宅での保管は不安定だし、家にいないときは管理がおろそかになる。
 別の場所、別の管理者の分散するというのが一番よい。
 データを消失させてしまう原因として、残すべきデータをいらないデータと勘違いしたり、誤って消してしまったりすることがある。なので、サブのクラウド側は作成されたデータを受け取るだけで、送信元から消えても消さないように設定してある。
 メインとサブを逆にしたほうがクラウド料金を節約できるが、たぶん、クラウドをメインにしてしまうと、手元でのバックアップ作業をおろそかにしてしまうのではないかと思う。自分の性格も含めて、持続可能なやり方を選ぶべきである。
 今のところは手元で管理できる家庭用NASをメインとする運用を続けるつもりだ。

データ消失の原因
  • 自然劣化
  • 天災
  • 不安定な停電による損傷 (落雷、停電、断線)
  • 温度異常
  • 落下等による損傷
  • 誤作動
  • 誤操作
  • 誤った破棄
  • 故意の破壊
  • 利用サービスの終了
  • 読み取り方法の喪失*2
  • 読み取りソフトウェアによる読み込み時の改変*3
  • 暗号鍵の紛失
  • 不正プログラム(コンピューターウィルス等)による破壊

*1:金銭価値の高さという観点では、ビットコインのハードウェアウォレットのパスワードを思い出せずに巨万の富を取り出せずに悩んでいる人がいる。ただ、データそのものを復元したいという意味では家族などの映像や画像の方がまさるのではないか

*2:8mmビデオやVHSテープの読み取りが難しくなりつつあります

*3:最近のMicrosoft 365は、読み込み開始と同時に自動保存を開始してしまうが、勝手にタイムスタンプを書き換えてしまうので、長期保存中のファイルを開く場合は必ずコピーを作成するとよい

モバイルSuicaアプリ リニューアル後の感想

 JR東日本モバイルSuicaアプリが予定通りリニューアルした。
 リニューアル後にバグがたくさん出てお知らせ欄がお詫び続きだったのは予定通りではなかったのかもしれない。
 肝心の使い勝手はどうなのか。

なかなか使わせてくれない

 わたしの端末は、2021年3月現在でAndroid 11が動くので、そこまで古い機種ではない。それでもアプリの起動に20秒かかる。

ピロピロピロロロロン、まもなく、〇番線に、快速、〇〇行きが、まいります。危ないですから、黄色い線の、内側に、お下がりください。

JR東日本の駅で流れる自動放送が20秒である。これ全部聞くまで起動しないよかよと思う。直前に席を取ろうとしている人は焦る。
 起動時に自動ログインする機能があるため、ログイン操作をする時間は短縮されているものの、体感時間は長くなる。そして、ログインするということは通信が発生しているので、通信環境が悪ければさらに伸びるかもしれない。
 ちなみに、この文書を書きながらアプリを実際に操作して試してみたところ、

モバイルSuicaアプリを最新版(ver.6.0.x)に更新してください

というポップアップが現れた。急いでいるときにいらつかせる画面を増やしている。しかも

このメッセージは、既に更新をお済ませの場合も表示されます。

という注意書きも発見した。ということは、毎回これが出るということか。オプトインで表示できなくすることもできるが、不具合の影響を受けない人、そして、もう更新を済ませた人にまで一律にバージョンアップのお知らせを見せる必要があるのか。

高頻度利用客への冷たい仕打ちは相変わらず

 JREポイント還元によるSuicaグリーン券受取りのときに、登録したお気に入り区間から選択する機能は実装されなかった。これが非常に残念。
 お気に入り区間を登録しておけば、東京から横浜までいつも乗っていますという人は毎回、東京と横浜を選択する必要はない。
 しかし、毎回お気に入り区間を指定してグリーン券を買い続けていればJREポイントがたまり、そのポイントをグリーン券と交換できるようになる。
 ポイント還元を利用する上得意客に対して、その受取りの時だけは東京と横浜を自分で入力する必要がある。
 普通、飲み屋で常連になったら、名前を憶えてくれるし、好きな料理も勝手に出してくれるかもしれない。
 普通、ホテルで常客になったら、好みの部屋について毎度聞かれることはない。
 でも、モバイルSuicaアプリは、ポイントを使うため課金しない客に面したときだけ記憶喪失になり「はじめまして。あなたはどこからどこまで乗りますか」と聞いてくる。
 そのときだけたまたま違う区間に乗るかもしれないし、いつもは料金節約のために短い区間を選び、還元のときだけは長く乗りたいという人もいるとは思う。新宿から逗子へ移動するときに、湘南新宿ライングリーン車を利用すると50kmを超えるので1,000円になってしまう。朝の横須賀線下りであれば、武蔵小杉を越えればグリーン車以外の車両もがらがらになる。思い切って今日だけ奮発しましたという場合はともかく、時々使っちゃうんです、という人の場合であれば、途中からグリーン車ではなくてもいいや、という人も少なくないだろう。ただ、ポイント還元では短くても長くても消費ポイントは同じなので当然、下車駅まで乗りとおすことになる。ただ、これは例外の話。
 でも、いつも乗っている区間でいいですか?と聞いてくれてもいいじゃないか。
 なぜ普段はいつも乗っている区間を登録できるのに、ポイント還元の時だけだめなの?

意味が分からない

リニューアルしてもこれなの?
 「フィーチャーフォン時代に作成した画面をそのまま使っていたので、これまでは使い勝手が悪い画面がありました。」ということになっているが、それはいいわけだと思うんですね。
 実際の利用者にテストをお願いして、評価を受けるという作業をさぼっている。
 これはこういう機能で、こういう条件で、こう動かなければならないので、こういう画面になるんです、と、立て板に水のように開発業者から説明を受けて、ああそうですか、と承認印を押したしか思えない。
 アプリリニューアルに合わせてシステムの計画停止を行ったが、きっと利用者が検証するための環境もないんだろう。
 だって、数年に一度のリニューアルで、この出来ですよ。
 こんな会社にはMaaSには無理ですよ。JR東日本はデジタルトランスフォーメーションを実現できず、別の会社が「旅客乗車券統合」や「移動サブスク」を牛耳ることになる。JR東日本は、グローバルのプラットフォーマーか、国内の大手ECに、薄利の乗車券を卸すだけの存在になり、体力を落としていくことになる。
 エキナカビジネスも、まだ焼き畑農業的に続けているけれど、コロナのせいでますます成熟期が早まったのではないか。すると、固定資産による固定費負担と改装費負担が重たくなるだけで、まもなくシャッター通りが現れると予想している。作るのは得意でも、リニューアルは苦手な会社なので。
 イオカードICカード化を目指してSuicaを作った先駆者たちは、この現状をどう思っているのだろうか。
 もう少しがんばってください。ところで、開発業者は誰なんですかね。

時代は速くなっている

 仮想通貨なんて長続きしないからやめた方がいい、という話をよく聞きます。
 SDG、サスティナビリティというのが流行っていて、その観点から言うと仮想通貨、すなわち暗号資産のうち、ビットコインは永続的ではないと思います。さらに言うと、遠い将来には確実に終わることが決まっています。
 でも、遠い将来に終わるといえば、太陽だってすんごくすーーーんごく遠い未来には燃え尽きるとされています。この世において永遠に続くこと、それは「かつて過去が存在した」という事実だけです。
 大英帝国の繁栄は100年続きました。アメリカは半世紀にわたって繁栄した後、日本に経済大国の座を追われそうになりました。日本は高度成長から四半世紀経って失われた20年を経験し、中国に経済大国2位の座を渡しました。高齢化、覇権主義などが課題となる中国共産党は経済成長を続ける途上国の座を維持し続けられるのでしょうか。
 貝殻はかつて貨幣の機能を持っていました。今でも発掘できます。紙幣もある程度は保存が効くと思います。でも、電子マネーは後世に発掘されるでしょうか。不揮発性メモリーに保存しても、読み出しが難しいのではないでしょうか。テクノロジーはどんどん複雑になり、開発のサイクルが早くなり、古いものはすたれていきます。
 写真や動画の解像度が上がれば上がるほど、容量が増えていきますが、データの読み取り速度はそれほど速くなっていません。わたしたちは最近紙や磁気テープを使っていませんが、ハードディスクやメモリーで、昔の思い出を長期保存できるのでしょうか。IT業界はデータは爆発的に増えると言っていますが、古いデータが壊れないという前提で話をしているような気がします。
 文学も音楽もファッションも、どんどん新しいものが作られるか、古いものが見直されるかのどちらかです。
 レコードは今でも大事にしている人がいますが、MD(ミニディスク)はいまどこに再生機があるのでしょうか。
 人類は、過去作ってきたものよりも、長く残るものを作れなくなっているのかもしれません。そして我々が住む社会ですら永続的ではないとして、サスティナビリティが関心を集めているのです。
 するとですよ、これから生み出される発明は、長続きしないことが当たり前なんです。
 するとすると、長続きしないから手を出さない、というのは、今後盛り上がる可能性のあるものにはもう手を出さない、ということになります。
 投資であれば、バブルだと言われようが、それに乗らなければ投資はできないのです。今買っておけば50年後も安心安全なんてものはもうないのです。次のものに乗り換えていく、それだけです。