ITは斜陽

何が起こっているのか、想像してみよう

2021年は基幹システムを刷新した大手銀行が何度も障害を繰り返していて、金融庁もマスコミ様もお怒りのようである。

この話を聞いて、今なお「大手銀行は合併の連鎖の歴史があり、半沢直樹の世界のようにどろどろした人間関係と旧態依然のシステムがありまして・・・」という解説を見てきたかのようにする人がとても多い。しかもIT業界の人でさえやってしまう。

ただ、基幹システムは刷新されているのである。旧行の遺産を引きづっているわけではない。動かし始めたばかりの(まあ、本番業務を開始する前にすでに機器が古くなって入れ替えたものもあるそうだが)コンピューターであり、この銀行が合併当初に起こした事故とは切り離して考えた方がいい。21世紀に入社した行員は、コロナ禍の前に飲み屋で先輩から聞いた思い出話でしか旧行のことは知らないのである。

さて、新システムは大手IT企業のエース級が相次いで投入されて作り上げた巨大システムである。

細かい原因は都度報じられていて、そこを掘り下げるのもいいかなと思ったが、そこを責めても仕方がないのかなと思った。

こういう仮説を立てた方が理解しやすいのではないか。

  • 日本のIT業界には巨大なシステムを新たにまとめ上げる能力がない。
  • 日本のIT業界には適切な人材が集まっていない。
  • 日本のIT企業は末端の人材をコントロールできていない。

以下に書くことは特定の企業で起こっているかはわかりませんし証拠はありません。あくまでも仮説の解説である。

一般の人にとっては、ITというと、ITバブル、IT社長といった言葉に代表される浮かれてお金がありそうなイメージがあるかもしれない。しかし、IT業界の半分は、もう斜陽産業である。いやあ、今時こんな業界には飛び込まないでしょう、とか、伝統芸能だよね、という扱いをすべき存在なのである。

それでもかき集められてきた人たちをすくいあげて、客先の机に座らせておくというのが価値の源泉で、彼らが何もしなくても客はお金を払い続ける。

大企業の巨大プロジェクトは、膨大な求人需要を作り上げて、求人市場を活性化させてきた。寄せ集めの体制では能力に偏りが発生するので、いくらエース級がいたところで、大きすぎるので現場の人にまでその叡智が届かない。困ったことに、エース級の人は監督業務が忙しくて、実際の機器やプログラムを扱う時間がない。

客も何も知らないわけではないので、中国や東南アジア、インドの人材を使い始めていたが、そのうち中国は昨今、データを渡してはいけない国になってしまった。国だけでなく、中国国籍の者もまた中国の国外にいても政府のコントロールから逃れられない。日本のIT企業は技術力と生産効率を大きく下げてしまったが、それでも国外にはだせないため日本人に戻ることになるかもしれないが、仕事中にさぼっている姿をYouTubeでさらしている者もいるようで、そんなに暇なのかと思ってしまう。

例えばだが、10人分を8人分の値段で契約しますという約束をしたのに、実際には9人しか来なくて5人はさぼっていて、2人は頑張っているけれどやる気が空回りしている。こんなことはよくある、かもしれない。ちなみに数字は適当であるが、そんなに外れていないだろう。

組織は二八の法則とか、2-6-2とかいわれていて、どんな精鋭を連れてきてもチームを組むと下の2割はさぼるものである。ただ、ITの場合、さぼっているという測定が難しく、なかなかばれないので、最初から精鋭を2割しか投入しない。そもそも、人がいない。精鋭を10割入れて2-6-2なのに、もともと精鋭が2割しかいないと、ひとりが過労か精神疾患で飛んでしまい、10人チームなのにワンオペになる。

すると何が起こるのか。

普通にITを勉強してきた人、IT運営の現場で経験を積んできた人にとっては、「毎日のように」信じられないことが起こる。例えるのが難しいが

ねこを電子レンジに入れて乾かす

を挙げてみる。

  • ねこがどうなったか見ていた? 何とも思わなかったかね?
  • たばこを吸いに行っていたの? 車中に赤ちゃんを置いてパチンコに行ってしまう親と同じやつ?
  • ねこ → 乾かすものではない。
  • ねこ → 電子レンジに入れるものではない。
  • そもそも、ねこを乾かせなんて指示していない。なぜ違うことをしているの?
  • そもそもそもそも、この場にねこはいらない。なぜいる?
  • もしかして、騒ぎを起こしたいだけ?

業界の人でなくても知っている「動いているパソコンの電源コードを引き抜いてはいけませんよ」であれば、「これこれこういう理由でだめなんですよ、こうしてくださいね、わかりました?」と言えばいい。

でも「ねこを電子レンジに入れて乾かす」の類は、何から言えばいいのか混乱する。「常識ないよね」と言ってみるか。でも、どこを切り取ってもぶっ飛んでいる人に常識を説く気力はわかない。

できない人には単純な仕事を与えよと偉い人たちは言う。それは間違っている。どんなに単純であっても意味はない。右手を上げてくださいと言えば、お菓子を食べ始める。「あ、今回は手を使うんだと伝わった!」という驚きと、「お菓子は指示に含まれていなーーーーーい」という悲しさが複雑に交錯して、心の中がいっぱいになる。

こういう職場では当然ながらテレワークなんてできないが、行きの通勤電車で「きょうは何が起こるのだろう」という疑心暗鬼に押しつぶされそうになる。考え事をしていては危ないので自転車通勤はしない方がいい。こうして、できる人もつぶれていくか、「もう何もしないでください」と言うことになる。

大手銀行の記者会見では、偉い人が、複雑な要因が絡んでいる話をしていた。それを見て思い出したのだが「なぜこうなったの」「それはまたどうしてなの」と、担当部長、担当課長、担当者、元請け、孫請け、3次受け、その先と追及していき、最後まで追求するとここに達する場合がある。「原因がわからない」と言っていたでしょ。もしこの仮説と同じであれば、表現が難しいのである。

多重下請けというと、途中での隠蔽やごまかしもありえる。しかし、SNSが普及した今日では会社またぎで嘘をつきとおすのは難しいかもしれない。何しろ、ねこを電子レンジに入れて乾かしてしまうのは、いわゆる「無敵の人」であり、コントロール不能な人が混じっているかもしれない。会社をかばいなさいとか、内部告発がとか、そのような高尚な話ではない。信じがたい失敗をした自分でさえもねたにしてしまうかもしれないということだ。また、今やスマホはすべて録画録音機になってしまう。嘘をつくのも相当な覚悟を必要とする。それよりは、理解不能な現象が挟まっていて伝達がうまくいかないまま、変容してしまうということはあるかもしれない。

本当に機器内で発生した電気信号の解析不能もあるけれど、人間の思考回路の解析不能もよくある。

もともと、10人チームに使える人をふたりしか入れなかった雇い主に対して、要員のチェンジをしても無駄である。ガチャのように、何度でも使えない人がやってくる。ただ、使えないというのは、使う側が使いこなせないということもよくあるので、常に無能だということではない。ただ、ひとりが飛んで、ワンオペになるという結果だけは同じである。

一所懸命周りの人が隠して隠して隠して、それでも隠し切れないものが今年に入っても約月1回ペースで発生しているということである。

銀行はどうしたらいいのか

業務をシンプルにするしかないよね。

多層下請け構造は改めた方がいい。わたしなんかが言わなくても、リーダーや現場にエキスパートを雇い始めている。

銀行だけでなく、証券でもほかでも、新業態の会社を作るということが昔から行われてきた。ただし、今はやっているのはITジャイアントに寄り掛かるという戦法か、Fintechを買うという戦法である。もう、親会社にいた人が子会社を作ってやるというスタイルは通用しないと思う。

悩まなくても、やがてディスラプションが起こり、他の業界からの侵略者によって規制産業は破壊される。これは運命である。呉服屋さんもそろばん屋さんも桶屋さんもタイプライターやワープロ専用機の会社も、最近ではハンコ屋さんも存続の危機を迎えたか迎えているところである。銀行もこれの仲間入りをする。呉服屋さんは百貨店として変わることで生き延びるどころか大いに発展したけれど、デパートは今また危機を迎えている。

よって、この問題は間もなく終わると思う。で、斜陽になったIT産業は二極化して下半分は滅びる。

踏み絵

 オリパラが終わり、話題は政局へ。

 マスコミは政策論争を挑めばいいのに、そんなものは読者がついてこないと思っているようだ。

 そこで、過去の発言を発掘して矛盾をつく。意見を変えさせると「踏み絵を踏ませた」と喜んで記事にする。

 踏み絵の回数が多ければぶれていると言うし、少なければ話を聞かないと批判する。

 マスコミの前でごまかす人間ほど世論調査のポイントが上がる。

 インターネット政見放送に一本化してほしい。

パラリンピック閉会

今後ここまでできないだろうというくらい日本選手が活躍し、おもしろかった。 国際大会なのに日本選手ばかり映しているのは偏りすぎだとも思うが、まあいいでしょう。 また、早くに敗退した選手ももう少し映像を見せてほしかったな。 民放は週末に限定するなど、控えめだった。 NHKはオリンピックほどは開会式でアナウンサーが絶叫していなくてよかった。  

オリンピック・ロスが怖い

 もうすぐ7月が終わるが、やがてはオリンピックも終わる。
 オリンピックで人々は感動を味わっているが、これが終わったらどうなってしまうのだろう。
 永遠の非常事態を続けるつもりだろうか。
 そうであれば、もう自粛派を止める手立てはないので、街が滅びて医療だけが生き残る暗黒の時代が来る。

著作権表示

東京2020のテレビ中継で、試合が終わった後に

(C) 2020 International Olympic Committee and NHK. All Rights Reserved

という字幕が入る。
2021年に開催しても大会名は2020であることは知っているけれど、
著作権表示って、丸Cの後ろは公開年が入るべきであり、

(C) 2021 2020 International Olympic Committee and NHK. All Rights Reserved

と書かなければいけないのではないの?

時折、前回以前の映像を見るが、2012や2016は2箇所に入っている。

(追記) TBSは、2021だった。

やさしいにほんごでかいてほしい

JR東京駅で、行先案内の電光掲示を見ていたら、

〇〇〇、〇〇〇、〇〇〇に停車

と書いてあったんですね。
快速電車のために停車駅案内を表示しているのだが、この3駅までは各駅に止まるので意味がないなあと思っていたら、スクロールを始めたんですね。

〇〇〇、〇〇〇、〇〇〇に停車致します

外国から日本に来た人が日本語を覚えている最中だとして、自分の住んでいる町の名前の漢字は何とか覚えたとしましょう。日本で育った人ならば、韓国に移住して駅ナンバリングがなくてもハングルの形を覚えた状態を想像すればいいです。
でも、

停車致します

は、停車致しますではないとだめですかね。しばらく止まって「致します」だけ出てくるので、日本語が上手ではない人は何か特別な意味があるのかな、と勘違いするだろうなと思いました。4文字分画面が足りないのでスクロールしているだけなのですが。

説明が足りない

そういえば、行先案内表示器と言えば、関東の地下鉄は「こんど」「つぎ」だったわけです。ひらがなです。関西のように先発、次発の方がわかりやすいとなって、一時期採用されつつあったのですが、最近は時計を表示するようになってそれ自体表記することをやめてしまいました。
解決したかのようでしたが、先日、某県で列車が遅れたときにこのような表示になっていました。

快速 16:19 〇〇〇
普通 16:16 〇〇〇

通常ダイヤでは普通電車が先に来るけれど、ダイヤが乱れたので運行順序を変えて快速電車が先に来るという意味です。よく、遅れたときの放送で「行先案内をご確認ください」というのがありますが、これを見て解読しろというのはおかしい。開発したメーカーの人は自分のお父さんお母さんおじさんおばさんおじいさんおばあさんに読ませることができますか。開発現場に連れてきて書き取りテストをさせたらどうですか。
遅れてしまっているのだから、時計表示はやめて「こんど」と書いたらどうだろうか。せめて時計表示を消すことだけでもできないのでしょうか。ほんの少しプログラムを変えるだけですが、メーカーに依頼すると数百万請求されてしまうのでしょうか。
もともと日本語の状態でもわかりにくいのに、空港が近い路線では、これを単に中国語やハングルに置き換えただけの案内をやっています。翻訳したからいいということにはならないですよね。「日本では先に来る電車を下に書くのかな」と思うだけですよね。

字が細かい

それで最近はLED式ではなくて液晶ディスプレイを使用して高解像度で多彩な案内をするようになりつつあります。
ところが、
手元で使うタブレットですかと言いたくなるほど文字が細かいし、スクロールが早い。たくさんの情報を詰め込みすぎて待っても全然出てこないし、出てきたと思ったらあっという間に文字が流れてしまう。
先ほどの「こんど」「つぎ」問題は、東京メトロの最新式は先発を大きなフォントで書くようにしたんです*1。通常は時刻も併記されているので間違えようがないです。これはいいなと思いました。ただ、その状態になっているのはわずかで、交通情報などを表示させるときは次発と同じ大きさに縮めてしまうことが多いです。せっかくの工夫が台無しです。そこまであれこれ書きたいなら、普通のテレビ用のパネルを買ってきて作った方が安上がりだと思うのですけれどね。

敬語が乱れている

かつての関東の電車接近表示は、国鉄は「XXXをでました」だったし、地下鉄は「電車がきます」でした。このブログのバックナンバーでも触れています。しかし今は再び「まいります」の勢力が再拡大中です。まいりますを推しているのはどこのメーカーなのでしょうね*2。そして「まいります」を使う必要はあるのでしょうか。いまだに敬語としてどうかと思いますが、わざわざ頻出日本語の「くる」を避けて「まいる」を使う必要があるのでしょうか。そのうち「お電車様を進入させていただきます」になるのでしょうかね。「おでん」ですかね。気持ち悪いです。
冒頭の「停車致します」は「とまります」で問題があるでしょうか。「致します」は難しいし、そもそも「停車」も使う必要がないでしょう。日本語学校に入って半年以内に習う言葉、あるいは小学校1年生が分かる言葉で書くべきではありませんか。
「致します」とは誰に向かって敬意を払っているのですか。止めるのは自分たちの会社の電車ですよ。
「通過待ちを致します」も「おいぬきます」で何か問題ありますか。
多様性の時代と言われているので、公共機関で使う言葉は努めてやさしいにほんごにすべきだと思います。
自治体のWebサイトでは、ようやく外国語版に加えてやさしいにほんご版を作るようになりました。
一所懸命英語を覚えている車掌さんが最近多いですが、まずは日本語を磨いてください。挨拶はともかくとして、案内の部分は小学1年生が聞いてもわかる言葉に置き換えてほしいんですね。

普通の放送「JR東日本をご利用いただきまして、ありがとうございます。この電車は中央線、快速の東京行きです。途中の停車駅は、中野までの各駅と、新宿、御茶ノ水、神田、終点の東京です。」
 ↓
やさしいほうそう「JR東日本をご利用いただきまして、ありがとうございます。このでんしゃは中央線の快速です。いきさきは東京です。中野まではすべての駅にとまります。中野からさきは、新宿、御茶ノ水、神田、東京にとまります。」

普通の放送が何がだめかと言えば、快速電車なのに「各駅」という言葉を使っていることです。TOEICのようなリスニングテストを受けたことはありませんかね。快速電車の案内の中に各駅が出てきたらひっかけ問題ですよね。「までは」という限定条件を示す言葉を近くに添えてあげるのが親切ではないですか。あと、日本語の固有名詞は、日本語ネイティブ以外には聞き取りにくいと思いますので、名詞を説明するときは主語1つ、述語1つのシンプルな文章にすべきです。なので、名詞が3つも並ぶ「中央線、快速の東京行き」というのは2文に分けてみました。
有料座席に券を持たないで座っている外国人を見かけますが「グリーン車のご利用にはグリーン券が必要です」はだめです。グリーン車っていうカタカナ語が謎です。車の色は緑色ではないし、有料座席だということを示す表示もほとんどありません。そしてカタカナでグリーンと書いてあるだけです。英語の放送もネイティブがGreen Carと言っていますね。例えばpaidって言わないのかな。

おわりに

日本語を外国語として勉強した人に話を聞いてもいいですが、自分が英語でやられたらいやなことは日本語でもしないだけでもかなり改善できると思います。

*1:路線によるし、天井が低い駅では小型の機器が設置されているのでその限りではない

*2:東京メトロだと、日本信号かな

「東京都の感染状況「最大の危機 1日の感染者3000人超の可能性」って、何言っているの?

2021年7月20日NHKオンラインほか。
自称専門家たちが騒いでいる「3,000人超」というのは、もし全員が発症してもインフルエンザのピーク時に比べれば1桁小さい。今回は陽性者数をカウントしてるから発症者の数はさらに少ない。医療崩壊は回避できている。10数分の1に抑えられているのであれば大勝利であるのだが、何を問題にしているのか。
まさかゼロコロナを未だに目指しているのだろうか。たった1億人を超える人口がある国で、大きく見積もっても1日に3,000人しかPCR陽性が検出されないのである。現在の人口規模になってからは、まれにみるウイルス抑制が実現してしまっている。
ワクチンは提供できているので、守りたい人は存分に守る条件も整っている。活動したい人は活動する自由も憲法が保障していたはずだった。
しかし専門家たちは両方ともだめだという。
職業的倫理観というのは、自分たちの専門だけことさら強調するために発揮するのではなく、社会正義と社会の要請に従って自分の知見を活かすべきである。