デジタル化が遅れる地上波放送

 久しぶりにEテレで将棋のNHK杯を見たら、対局中の優劣判定を表示するようになっていた。両者の勝利確率をAIに計算させて数字て表示するものだ。
 コロナ禍を機に、和室での対局から洋室に変更したが、新しいスタジオは安っぽい印象である。そこで収録した映像に字幕で優劣判定の棒グラフを被せているのだがデザインが合っていなくて浮いた印象である。
 Abemaではかなり前からやっていたので、ようやくデジタル化に着手したといえよう。ただし次の指し手の推奨を表示するなど、Abemaの方が引き続き情報量が多い。NHKは伝統を崩さないように盤を使った棋士による解説を引き続きメインにしたいようだ。Abemaの解説者はAI表示を常に気にしながら解説する。
 AIが人間よりも強くなった今日。将棋やチェスは、人間が精神力を維持できるかどうかの戦いになっている。ロボットにやらせれば精巧にできる競技をあえて人間がやることで、観戦者はプレッシャーに打ち勝つ過程を楽しむことができる。
 対局するのは人間でいいけれど、解説するのはAIでいいのではないかと思う。
 Abemaはよくわかっているけれど、NHKは遅れていると思う。
 Abemaでは、すでにニュースの読み上げもAIが読んでいる。人間のアナウンサーを不要としていない。
 テレビは放送波のデジタル化までは進化を感じていたけれど、データ放送では4色ボタンを用いた双方向通信や、簡易なゲームくらいしかできていない。世間で言うところのデジタル化には乗り遅れている。振り返ればホリエモンにフジテレビを買ってもらったほうが業界のためにはよかったのではないかと思う。